しらない街で子どもをそだててみる

30過ぎて初の関東住まい(横浜)。夫と娘(2才)と息子(0才)の小規模な暮らしの記録。2歳差育児、慣らし運転中です!

子サポ、あるいはファミサポ体験談-その1

妊娠6ヶ月、そろそろ産後のサポート体制を強化すべく、子サポの利用を最近はじめました。


現在在住の横浜市では、「横浜子育てサポートシステム(略して子サポ)」というのですが、全国的に言うファミリーサポートとほぼ同じもののようです。


事務局を通して条件の合う有償ボランティアさんを紹介してもらい、子どもを預けるしくみ。


利用前の懸念


マッチング

1才11ヶ月の娘、とにかく人見知り。

子どももダメ(興味はあるんだけど、特にグイグイ来る子にはもう泣きベソ)、大人もダメ、特にママ世代じゃない年配の方とか固まって全拒否の構え…


ただ、時々一時保育に預けた感触では、預けてしまえばその間は楽しく遊んでいるようなので、何とかなるかな?という気持ちもあり。


気掛かりなのは、保育士さんとは違う一般の方が、どれくらいグズリ続ける(かもしれない)1歳児に対応してくれるのだろう?ということでした。


結論から言うと、「人見知りが強い子なので、できれば慣れた方を」とリクエストしたおかげもあってか、丁寧に慣らして頂いて問題なく預かってもらっています(*^o^*)


安全性

これは、人に寄って全然感覚が違うと思うのですが…

確かに、基本的に無資格の預かり会員さんに子どもを1対1で見てもらうことは、もしもの事を考えると怖いことかもしれません。


でも、考えてみると私も初めての子育て、私の親にしても30ウン年ぶりの育児です。

講習も受け、今現在の子育てに関わり続けている預かり会員さんの方が安心とも言えなくはない。


もちろん、保育園でプロに見てもらうのとは違いますが、

・病気をもらってくる心配がない

・マンツーマンでしっかり見てもらえる

・一時保育より遥かに予約が容易

・近所なので送り迎えも楽

・預かり会員さんが信頼できそうな方

という点で、多くのメリットを感じて利用を決めました。


逆に、預かってくれる方は本当ボランティアでなければやってられないのでは…と思います。

時間800円、支払う分には家計にそうラクではないけど、反対の立場ならそんな金額でよそ様の子を預かる責任を負えるか?!

…考えただけで心臓がバクバクしそう(笑)

だからこれは、本当にボランティアなんだと思ってます。


「おばちゃん、ちょっと用事してくる間見てて〜」

「ええで〜、ゆっくりしてきな」

そんな感覚で2-3時間見てもらうのが今はいいかな、と思ってます。


△▼△


…体験談までたどり着きませんでした💦

続きはまた、改めて!


その2はこちら↓

http://fmintia.hatenablog.com/entry/2016/07/07/050839