読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらない街で子どもをそだててみる

30過ぎて初の関東住まい(横浜)。夫と娘(2才)と息子(0才)の小規模な暮らしの記録。2歳差育児、慣らし運転中です!

産後27日 育児マンガを読み返す

ハロウィンの日に七転八倒して産んでから27日。
息子も来週には生後1ヶ月になろうとしています…はやー!

なんやかんやてんやわんやしてたはずなんですが、いつの間にか

「出産…?そういえば、痛かったな」

くらいに記憶が風化しつつあるのにビックリです(°_°)
今回後陣痛が強烈だったんですけど、それも具体的な痛さが思い出せない。

同じ感想を誰かのエッセイ漫画で読んだと思って、今日は本棚から探して読み返してみました(ヒマなんか)

f:id:fmintia:20161127165507j:plain

子どもの可愛さに癒されて忘れる、って素敵ですね。

著者の高橋ゆかりさんは、トルコ人男性と結婚、↑の2巻では男の子を出産されています。

好奇心旺盛な方で、トルコの市井の風俗などについてのエッセイが楽しくて、子供が生まれるまではそっちが面白くて読んでたんですが、今読み返すとケナン君の育児話が面白い!

息子の割礼式の話など、自分も男児の親となった今、何となく人ごとじゃない気持ちで読めました。
いや、息子が割礼するわけじゃないですが…😅



そんなのんきな感じで、ダンナやら親やら友達やら、子サポさん果ては娘にまで助けられて、2人目育児はまずまずのスタートを切れたような気がします!

なかなかブログも書けないけど、今の気持ちをできるだけ記録したくもあり。頑張っていきたいです。