しらない街で子どもをそだててみる

30過ぎて初の関東住まい(横浜)。夫と娘(2才)と息子(0才)の小規模な暮らしの記録。2歳差育児、慣らし運転中です!

2人目の4ヶ月検診。余裕でした!

3月14日、息子の4ヶ月検診がありました…という記事を書きかけたまま、いつの間にやらはや半月。
ヒェー、もうかぞえてんぐ卒業するやん!4月やん!!という勢いで今日も安定の久々更新です(;´・ω・)

お久しぶりねの集団検診

上の娘の時のそれはたしか、

「ヒー、エルゴ難易度高すぎ(会場入口にベビーカーを預けて抱っこ紐に付け替えるのにモタモタモタモタ)」
「ママ友とかここで知り合うんかなドキドキ」
「娘まだ6kgないねんけど他の子デッカ!うわー寝返ってるーーー」

と、雑念いっぱいで挑み、案の定というか発育要観察みたいな事でママ友もできず1か月後再診を言い渡され凹んで帰る…
みたいな事だった記憶です。
あとブックファーストの取り組みで絵本が1冊もらえました。(@2014年当時の大阪府豊中市


今回は横浜市で初の4ヶ月検診。集団検診としては上の娘の1歳6ヶ月検診以来の2回目です。

検診の案内

事前の案内では、

【受付時間】12:00-13:30
【検診時間】13:00から約2時間
【持ち物】母子手帳、問診票、バスタオル

こんな感じでした。
結論から言うとバスタオルはいらなかった、たぶん着替えの際に下にひいたりする用なんだけど、うちの区の健康保険センターでは出せとも言われませんでした。
それよりオムツのごみ箱が無いので、計測前に脱がせたオムツ用のビニール袋を書いといて欲しかった。
(でも私以外大体の人は持ってましたよハハハ)

当日の動き

11;00 上の娘を子育てサポートさんに預ける
11:20 区役所の駐車場到着。その辺をふらふら
11:50 福祉保健センターに戻り列に並ぶ
12;00 受付。13番の封筒を受け取る
(近所で焼肉ランチ等…)
13:00 検診開始
13:50 早々終了

上の子は妊娠中からお世話になっている子サポさんに預けて出発。
でも行ってみると全然子連れでも行けそう。
実際連れているのを見かけたのは1組だけで、あと旦那さん連れも1組だけでした。

今となっては夫がついてきて何するん?と思ったりもするんですが、そういえば1人目の時は赤ちゃんを連れて荷物を持って移動させるっていうのが大仕事だったな…と思い出し反省。
女は過ぎたことは全部忘れる生き物ですよ!(わたしだけ?)

あと検診の時間内、区役所の駐車場は無料なのがありがたかったです。

保健師さんと面談(問診)

受付の順番に保健師さんに呼ばれて、問診票を基にお話しします。
待ち時間の間はみんなで手遊びを習ったり。

育児の悩みとしては、2人目なのもあって発育なんかは特に聞きたいこともなくて、
「上の子の相手にかまけてあまり相手ができない」
みたいなことを書いてたんですけど、
「あー、みんなそうですよハハ!」
と笑い飛ばされて終わりました。まぁそれくらいのことなんでしょう。

測定

ここも受付の順番で体重、身長を測定。
オムツ一丁にして待ってると、他の赤ちゃんの体格が目に入ります。
デッカク育ったと思った息子ですが、明らか隣の女子のほうがデカい。
聞いてみたら8kg超えてたらしいです。oh…

息子は生後4ヶ月半で7kg、65センチ。
男子の成長曲線のど真ん中でした。

診察

測定が終わった後、はだかんぼで順番を待ちます。
5人の小児科医の先生のブース?に終わったとこから呼ばれる方式。
ここで初めて5分くらい待ちました。

診察は主に首すわり、追視をチェックしてたと思います。
あと、授乳後に顔湿疹が出てるような気がしていたので、離乳食始める前にアレルギー検査したほうがいいのか相談。
先生曰く、アレルギーからの症状ならかゆみでもっとひっかいちゃうので、気にせずはじめていいということでした。
よかったよかった…でも、

アー、ついにはじまっちゃうのか離乳食!(メンドイ)

という気持ちも隠し切れないこの頃です。

終わった…?!

母子手帳を受け取って13:50。
この後の離乳食や歯磨きのお話聞いていかれます?との質問を「アーダイジョウブデス」と華麗にスルーしたところ、なんとこれで今日は帰っていいとのお言葉。チョー早いやん。
上の1歳半検診は2時間くらいかかったど!

まぁ4か月と1歳半では中身が違うのと、あとこの日雨だったこともあってか人が少なかったそうです(っと、保健師さんたちの雑談を立ち聞き。60組ぐらいだったとか)


以上、横浜市T区での4か月集団検診(2人目ちょっぱやバージョン)レポートでした。
あと色々書きたいことはあるので、来月はいっぱい更新したいなー…(どうかなー)